第82回(2022年度下期)森永乳業との二者協議

ホーム 私たちの活動 第82回(2022年度下期)森永乳業との二者協議

第82回(2022年度下期)森永乳業との二者協議

 2022年11月26日(土)大阪市内で森永乳業と守る会との二者協議が開催されました。守る会からは9名、森永からは4名の出席で対面開催されました。協議は守る会桑田理事長と森永乳業大貫社長の挨拶で始まりました。桑田理事長は「対面開催できたことを喜びたい。今後とも関係各位の協力を得ながら守る会活動を進める」、大貫社長は「二者協議は救済事業を進めるにあたって重要なことである。事業推進に大きな力を果たされている守る会のみなさんに感謝する。全社を挙げて恒久救済事業完遂のために全力をあげる」と挨拶しました。 

 その後、両者による率直な話し合いが行われました。
 守る会からは、「終生にわたる事業と運営・体制の構想」にかかる守る会の提言、将来的な守る会活動の検討などについて提起しました。
 森永からは、中間決算、渉外部人事異動などの報告があり、来年度のリーダー等級昇格者研修への守る会役員の講師派遣依頼がありました。

 

「14年目の訪問」40周年記念シンポジウムの記録画像を配信中
 (「事件と被害者救済」の一番下のページを開いてください。)

 
ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

● 記事内容で個人名が書かれているものもあります。お名前の削除要請については上の電話番号までご連絡ください。 

 

 

Pagetop