第79回(2021年度上期)森永乳業との二者協議

ホーム 私たちの活動 第79回(2021年度上期)森永乳業との二者協議

第79回(2021年度上期)森永乳業との二者協議

 2021年5月28日(土)、Web会議で守る会四役と森永乳業(宮原社長はじめ6名)による二者協議が開催されました。

 冒頭、森永乳業宮原社長は「減収増益であったが通期の経常利益は301億円と業績は好調であった。コロナ禍により今後の見通しは非常に難しい状況にある。今後も三者会談の精神を風化させず、恒久救済事業の完遂をめざし、守る会との信頼関係を強めたい」と挨拶しました。

 
守る会からは、守る会やひかり協会が取り組んでいる主にコロナ禍における事業や活動について報告・提起しました。

 その後、両者による率直な話し合いが行われました。

 また、会社人事として、6月29日付で宮原社長は会長に、大貫専務が次期社長に就任される予定であることが報告されました。

「14年目の訪問」40周年記念シンポジウムの記録画像を配信中
 (「事件と被害者救済」の一番下のページを開いてください。)

 
ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

● 記事内容で個人名が書かれているものもあります。お名前の削除要請については上の電話番号までご連絡ください。 

 

 

Pagetop