入会のおさそい

ホーム 入会について 入会のおさそい

被害者のみなさまへ


全国の仲間の皆様、お元気ですか。私たちの仲間の中には、現在でも重い障害や病気の方もいれば、ほぼ健常な社会生活を送っている方もいます。事件当時、乳幼児であった私たちも60歳を迎えました。

1973年12月の確認書に基づき、1974年4月にひかり協会が設立されました。以来、厚生労働省・森永乳業・守る会・ひかり協会の(「三者会談」を構成する関係)4者は不断の努力・信頼関係の構築により救済事業を充実・継続してきました。守る会は常にその中心にあって責任を果たしてきました。

「恒久救済方式」というすばらしい財産を残してくれた親会員の多くが鬼籍に入り、守る会は被害者本人により運営されています。

守る会は、被害者・親でつくる約2400名からなる唯一の被害者団体ですが、アンケート①被害者(救済事業を希望する被害者)の過半数の結集を目指して活動しています。

「ひとりはみんなのために みんなはひとりのために」というスローガンに象徴される全被害者救済を目指して、一緒にやっていきましょう。私たちはミルク仲間です。新たな出会いがあります。より充実した後半生を目指して、一緒に生きていきましょう。

 森永ひ素ミルク中毒の被害者を守る会理事長 桑田正彦

 

 # ひかり協会ホームページが再開されました

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

 

 

 

Pagetop