支部活動

ホーム 各地の活動 支部活動

記事募集中

支部活動を重視するという方針が決定されました。記事を送ってください。守る会のメールアドレスへ。(アドレスは全国本部常任理事にお聞きください)

私設応援団誕生(山口県の支部活動)   秋枝 睦子

3月5日、第1回目の支部活動を開催しました。

事の発端は協力員の「呼びかけ」で、錦帯橋のロードレース大会に出場する仲間が居るとの情報で、急遽応援に行くことになりました。

回覧板で号外を出し参加者を募集すると当初は8名、当日の体調不良者が有り、参加者は6名となりました。

参加ランナーは4000人。その中から5キロと10キロに出場する2人を探しだした私たちはまさに「神ってる」

5キロ出場の松原さんはいつも上位入賞のつわもので、今年も7位。歴代の成績を見ると3位が2度。とても同級生とは思えないと一同びっくり。

10キロ出場の中島さんは、長い単身赴任で健康のために始めたウォ^ーキングの延長で県内外のマラソン大会に出るようになったそうです。遠藤で応援している私たちに余裕で手を振ってくれました。

私たちの私設応援団はチアガールならぬチアババー。手作りの派手なうちわを持っての応援。おまけに人より高いところに上がり、まるでジャニーズのコンサートのわかもの。

世の中にはこんなに走ることを楽しんでいる人がいるんだと改めて思い知らされました。

終了後、近くの学習会館の一室を借りて、昼食をとりながらの雑談に花が咲き、協力員の呼びかけでの情報がなかったら今回の支部活動はなかったという話になりましt。やはり協力員活動は今後もたいせつだなって話から、また、協力員が1名返り咲きました。

とにかく、まずやってみようの精神での支部活動でしたが、収穫大いに有り、大成功でした。

松原さん中島さんお疲れ様でした。また応援させてもらいますね。(どんなに勧められても私は走りませんけどね)

 

 # ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

 

 

 

Pagetop