被害者の状況について

ホーム 質問に答える 被害者の状況について

Q.1 被害者全体の状況についておしえてください。

 被害者総数は、13,445名です(2017年3月末)。ほとんどの人が1954(昭和29)年~1955(昭和30)年生まれです。このうち130名は事件発生から1年以内に死亡しました。現在、5,559名の人がひかり協会と常時連絡を希望しており、この被害者が救済事業の対象者です。(救済事業を開始するにあたって、当時親族にアンケートで回答をしてもらい、常時連絡希望者を①番としたので、今でもアンケート①対象者と呼んでいます。) 

 

 

Q.2 どういう障害や症状の被害者が多いのですか

アンケート①対象者のうち約750名の人が障害症状があり、ひかり協会から「手当」を受給しています。被害者集団の医学的特徴は、脳性まひ・知的障害・てんかん・脳波異常・精神障害などの中枢神経系の異常が多いこと、ひ素中毒特有の皮膚変化である点状白斑・ひ素角化症が見られたり、虚弱でいろいろな身体的愁訴をもつ被害者が多いことです。

Q.3 アンケート①対象者以外の状況についておしえてください。

 アンケート区分②は「申し出があった場合のみ連絡をとる者」で21.8%。③は「一切の連絡を拒否する者」で12.2%。④は「住所不明者」で14.7%。⑤は無回答者で0%。⑥は「死亡者」で9.9%となっています。

 

  ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

 

 

 

Pagetop