「三者会談」救済対策推進委員会報告

ホーム 守る会とは 「三者会談」救済対策推進委員会報告

第172回「三者会談」救済対策推進委員会

日時   2019年10月4日 13:30~16:00

 

場所   東京芝パークホテル

 

出席者  厚労省、守る会、森永乳業、ひかり協会から各委員

 

内容 

報告事項

○ひかり協会関係

・第210回理事会ー7/20開催
    第二次10ヵ年計画の総括(案)
  公益財団法人ひかり協会疫学研究調査事業実施要項及び要領の一部改正
・救済事業研究集会(9月21,22日)の開催

協議

〇第二次10ヵ年計画に基づく行政協力の促進について等

守る会からは

1.該当者全員の「生活の場」の確保について協力要請

2.介護保険優先原則に係る課題への対応、一層の協力を

3.重度訪問介護にかかる規定の見直しの検討状況の情報提供

4.市販薬及び外来受診時に係る患者負担の増大は実施しないようにと要請

5.概算要求の情報提供

また、ひかり協会からは

1.1/10発出の事務連絡の周知に係る好事例と課題が残る事例紹介
 ・生活介護の継続(広島市)
 ・実態に合った要介護認定となり、受給量に変化なし(尼崎市)

2.通院等介助について

3.高齢期の口腔衛生管理

4.かかりつけ医との相談や医療につなげる対策

5.全国担当係長会議について

6.公益財団法人ひかり協会疫学研究調査実施要項及び要領の一部改正について

 以上の要請などに対し、厚労省から回答がありました。また、公益財団法人ひかり協会疫学研究調査実施要項及び要領の一部改正については、同意されました。

 

  ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

 

 

 

Pagetop