「三者会談」救済対策推進委員会報告

ホーム 守る会とは 「三者会談」救済対策推進委員会報告

第168回「三者会談」救済対策推進委員会

日時   2018年10月5日 13:27~14:45

 

場所   東京芝パークホテル

 

出席者  厚労省、守る会、森永乳業、ひかり協会

 

内容 

報告事項

 

〇森永乳業関係

(人事異動・「三者会談」事務局員の交代)

○ひかり協会関係

(伊多波相談役の逝去)

 

協議

〇第二次10ヵ年計画に基づく行政協力の促進について等

守る会からは

1.障害基礎年金の審査を適正に行うよう日本年金機構に対応されたい

2.介護保険サービスに係る通知について情報提供を

3.障害者施策の検討予定について情報提供を

4.肺炎対策の研究促進事業の継続を

5.胃がん検診のための内視鏡検査の促進を

6.糖尿病の予防対策促進を

7.概算要求について情報提供を

これらに対して、厚労省から資料の提供と説明がありました。

 

また、ひかり協会からは

1.障害のある被害者の将来設計実現での行政協力の促進

(1)介護保険優先原則によってサービス量の低下が発生しないように、介護保険担当課に適用関係の趣旨を周知し、各市町村に対し障害福祉サービスと介護保険サービスの併給についての実態調査を。

(2)指定障害福祉サービス事業所における検診及び通院の支援

(3)避難行動要支援者の避難行動支援に関する取り組み指針について 

 

2.自主的健康管理の援助での行政協力の促進

(1)高額療養費の手続きの簡素化

3.「行政協力の仕組み」の充実

(1)森永ミルク中毒事件全国担当係長会議

 

について提起され、これらに対して1項目ずつ、厚労省から回答がありました。

 

 

 

 

  ひかり協会ホームページもご覧ください

    http://www.hikari-k.or.jp/

 

● 60周年記念冊子(還暦記念誌)500円で頒布中。お申し込みは、06-6371-5304(守る会 平松)まで。どなたにでもお分けします。

 

 

 

Pagetop